エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<幼児遠足> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  今月のPickUP

給食

冬の食生活

冬は、冬野菜をたくさん使った鍋ものやシチューがおいしい季節♪
冬野菜は甘味もあり、柔らかくておいしく、体を温める根菜類や緑黄色野菜がたくさん!
冬場は基礎代謝量も増え、さっぱりしたものが食べたくなる夏場と違い、味覚的にもたんぱく質・炭水化物・脂肪といったエネルギー源になるものを好み摂取量が増えます。冬の寒さに負けない体を作るためには、体の免疫力や抵抗力を高め、体の中から温めることが大切です。


◎かぜに負けない体力づくり

◎便利な薬味

◎冬が旬の野菜


●体を温める食材とは
 『体を温める食材』というと一見難しそうですが、基本的にはその土地で採れるその時期のものを摂れば大丈夫です。
大根、かぶ、ごぼう、さといも、れんこん、しょうがなどの根菜類は、からだを温めるものが多く、人参、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜は、鉄、ビタミンA・Cが豊富なので、風邪の予防にもなり、感染への抵抗力や免疫力を強めることができます。
 きゅうりやトマト、なすなど本来は夏に採れる野菜はからだを冷やす働きがあり、からだに熱がたまりすぎないようにしてくれますが、寒い時期にこれらを摂りすぎてしまうと、からだを冷やしすぎてしまう恐れがあります。

●積極的に摂りたい栄養素
ビタミンC
ビタミンCは、ウイルスや細菌と闘う白血球の働きを強化し、免疫力を高める働きがあります。
不足すると免疫が落ち、風邪にかかりやすくなります。果物だけでなく、野菜やイモ類にも多く含まれています。

ビタミンA
風邪などのウイルスはのどや鼻から侵入してきます。ビタミンAはのどや鼻の粘膜を強くし、抵抗力を高める働きがあります。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれています。
 
たんぱく質
寒さで消耗した体力を回復させ、抵抗力をつけてくれます。魚、肉、卵、大豆製品、乳製品はたんぱく質を多く含み、寒さに負けない丈夫な体を作る働きがあります。

脂質
油や脂肪などの脂質は、少しの量でたくさんのエネルギーを出し、体を温めてくれます。脂質の摂りすぎは生活習慣病の原因にもなりますが、適度な脂質は私たちの体に欠かせないものです。


冬は、寒くなり、年末年始と生活リズムも崩れやすく風邪をひきやすくなる時期です。
風邪などで体調を崩さないよう、手洗いうがいをしっかりし、睡眠を十分とり規則正しい生活を送り元気に新しい年を迎えましょう。(栄養士 石川)


 
『さつま芋ご飯』
 
◎材料…(大人2人分、子供2人分) 
 

●米・・・・・2合
●さつま芋・・200g
●酒・・・・・大さじ1
●塩・・・・・小さじ1


★一緒に炊き込むだけで簡単に作れます♪
 お好みで黒ごまをかけたり、お米をもち米に変えて もおいしいです♪  (栄養士 石川)

◎作り方
@さつま芋は一口大に切り、水にさらす。
Aお米を研ぎ、2合のメモリまで水を入れた後、
 塩、酒、サツマイモを入れ炊飯する。


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.