エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<人形劇> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り> <お散歩遠足>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  今月のPickUP

保健だより

 熱中症が起こりやすいのは、急に暑くなった、日ざしが強い、風が弱い、湿度が高い日。
 梅雨が明けると一気に真夏がやってきます。ひとつでも条件が当てはまる日には、体調の変化に注意しましょう。

子どもの熱中症
 こんなところに気をつけましょう。

 ★気温
 →子どもの方が暑いのです。
晴れた日は、照り返しの熱で、地面に近いほど、気温が高くなります。

 ★体温調節
 →体温を調節する力が未熟です。
子どもは、汗をかいて体温を調節する働きがまだ十分発達していません。
気温が高いときや、夏の炎天下では、うまく体温調節ができず、身体の中心部の温度(深部体温)
が急に上がって、熱中症の危険があります。

 ★服装の調節
 →大人のアドバイスが必要です。
暑さにあわせて服装を調節するのは、小さな子どもには難しいことです。その日の気温や活動にあわせて衣服を選んだり、調節したりできるよう、おうちのかたのアドバイスが必要です。

症状
 ・頭が痛い
 ・大量の汗をかく
 ・だるい、力が抜ける
 ・めまい、意識もうろう
 ・身体にさわると痛い
 ・吐き気、嘔吐
 ・こむら返り

応急手当
 @日かげや室内の、涼しい場所に移動する
 A体温を下げる
 ・衣服をゆるめる
 ・うちわなどで風を送る
 ・水やアイスノンで首筋や脇を冷やす
 B水分をとらせる
呼びかけに応じないときや、自分で水分をとれない時は、救急車を呼ぶ

虫さされの手当て
 虫にさされたら
 ・さされたところを、水で洗い流しましょう。
 ・汗や水分をふき取り、かゆみ止めをつけておきましょう。
 ・爪も短く切っておきましょう。

 とびひ(伝染性膿痂疹)
 ★虫刺され・すり傷・あせも・湿疹などに化膿菌が入り込んで水ぶくれができます。かゆみがあるため、この水ぶくれをかきこわした手で他の場所をかくと、そこに水ぶくれが「とびひ」します。
 ★夏に多い病気で非常にうつりやすいです。治療は早めの受診が大切です。

 かきこわさないためと、他の子さんへの感染予防のためにも、普段から爪を切り、登園する時は患部をガーゼなどで保護しましょう。




 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.