エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<田植え遠足> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り> <乳幼児親子遠足>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  今月のPickUP

保健だより

  6月に入って、雨で肌寒い日がある一方、夏のように熱くなる日もありますね。体調管理に注意しつつ、ジメジメとした時期を乗り越えましょう!
 6月4〜10日は「歯と口の健康習慣」です。歯の健康について正しい知識を持ち、実行する習慣を身につけることは、体全体の健康にも繋がっていきます。小さいうちに歯を大切にする習慣を身につけることは、お子さんの一生の宝物になるはずです。今回は歯の健康に関するお話をしたいと思います。

 乳歯は大切な歯です
 乳歯は生後6か月頃に下の歯から生え始めて、2〜3歳の間に歯並びが完成します。生え揃ってから全て永久歯に生え変わるまで約10年は使う大切な歯です。乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫かというと全くそんなことはありません!乳歯がむし歯などで早く抜けてしまうと、噛むことができない為に丈夫な体が作れません。また、言葉を覚える乳幼児期に歯が欠けてしまうと、正しい発音を覚えることを妨げてしまいます。

『かむ』こと大切です!
 むし歯を予防しよう!

 たくさん噛むと私たちの
 体に良い色々な効果があります。

 ●脳の血流が増し、脳細胞が活性化
する(記憶力が高まる)
 ●食べものの消化を助ける
 ●顔の形が整い歯並びを良くする
 ●歯肉炎を予防する
 ●歯ぐきの血行を良くする
 ●唾液の分泌が多くなる
 ↓↓↓
 *口の中を洗浄し、食べ物で酸性になった口の中を中和してむし歯になりにくくします。
 *抗酸化作用があり、消化吸収を助けます。
 *ばい菌を攻撃、排除、無毒にしてくれます。

子どもを歯みがき好きに!
 
 @大人がお手本を
ただみがくだけでなく、「歯みがきして気持ちよかった!」と子どもがポジティブな印象を与えるようにしましょう。
 A「やりたい!」の気持ちを大切に
子どもが歯みがきに興味を持って自分でしたがる時は、まずチャレンジさせてみましょう。最後に「ちゃんとみがけているか確認するね」と仕上げみがきをすればOKです。きれいにみがけていたらしっかりとほめてあげてくださいね。
 B仕上げみがきは楽しく
せっかく自分で上手にみがけていても、仕上げみがきが怖い顔では台無しです。歌を歌ったり、声をかけたりしながら、スキンシップの一環として楽しんで行ってください。

 歯ブラシの交換時期

 毛先の開いてしまった歯ブラシでみがいても、新しい歯ブラシを使ったときの約6割しか歯垢が取れないという研究の結果もあります。なんだか損した気分ですよね。
 歯ブラシは後ろから見て毛先がはみ出していたり、毛の弾力がなくなってきたら交換のサインで、約1か月が目安です。


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.