エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<引き取り訓練> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り> <防災体験>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
 
今月のPickUP

先生紹介

■秋本 先生

  先日、私が所属しているハンドボールチームの監督さんの卒寿(90歳)のお祝い会がありました。長年高校の教員をしてこられ、日本で初めて国際審判になり、勲章も受賞されたという経歴の持ち主なのですが、いつも笑顔を絶やさないご様子は、偉い方というよりも『かわいらしいおじいちゃま』といった感じの方なのです。その方のスピーチの中で「自分は常に自分に向かって“大丈夫、大丈夫”と言っている。そうすると自然に力や元気が湧いてくる。」というお話がありました。それを聞いて、普段何気なく使っている『大丈夫』という言葉が実はとても大きな力を持っている言葉だったという事に改めて気付き、“大丈夫、大丈夫”と自分を励まし落ち着かせれば、次にどうすればよいかを考える余裕が出来る。『よし!』と奮い立つ事が出来る。そんな風に考える事が出来ました。
 子ども達は色々な失敗をします。失敗を繰り返す事も必要な事ですが、それをどうプラスにするかが大切なのだと思います。失敗した時こそ“大丈夫、大丈夫”と励まししっかり安心させてあげ、『また頑張ってみよう。』『次は○○してみよう。』という気持ちが持てるようにしていきたい。失敗がその子にとって良い経験になるようにしていきたい。そんな思いにさせて貰う事が出来ました。90歳の方の素敵な言葉、そんな話が出来るような年齢の重ね方をしたい物です!

■大橋 先生

 今年度、こぐま組の担任を務めさせて頂いています、大橋格(おおはし いたる)です。久しぶりの乳児クラスで最初は私が緊張しましたが、毎日かわいい姿に癒されてます。
 我が家にも子どもがおりまして上から小学校4年生(男)、小学校2年生(女)、1歳児クラス(男)の3人です。1番下の子が上の子たちにかわいがられすぎて、とんでもないわがままボーイが完成しました。「やめてー」と上の子たちが逃げ回る姿を私は笑いながら見ています。
 私も保育園、学童に預けています。なので保護者の方々と同じような立場でもあります。自分が預ける時に思う事をきっと保護者の方々も感じていると思うので日々の保育につなげていきたいと思います。
 エイビイシイ保育園ではたくさんの行事があります。幼児になると田植えなどの体験をする遠足も増えます。体験を通して子どもたちに食への興味を持ってもらい、食べ物に対する感謝の気持ちを持ってもらえたらと思います。今年度、「楽しかったー!」と笑顔を見せてくれる子どもたちの姿を見て心から羨ましいです。遠足は何より楽しい!というのは昔から変わらないということですよね。これからも子どもたち以上に毎日を楽しみ、日々勉強をしていきたいと思います。

■久冨木原 先生

 きりん組の担任になりました。
 久冨木原まなみです。苗字が難しい為、子ども達には「まなみせんせい」と呼ばれています。途中からではありますが、昨年度に引き続ききりん組の担任をさせて頂く事になりました。
保育園生活最後で就学前の大変貴重な一年を保護者の皆様、子ども達と一緒に過ごさせて頂ける事に大変嬉しく思います。元気いっぱいの子ども達に負けないよう一日一日を大切にし、子ども達と沢山の笑顔溢れる一年にしていきたいと思います!!


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.