エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<幼児遠足> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<保健> <給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
 
今月のPickUP

先生紹介

■安達 先生

 今年度たまご組の担任をさせて頂いております、安達です。入職してから5年目となりました。これまで本園・風の子・分園と5年間で3施設の担任をさせて頂き、年齢によって発達成長が違うことを沢山感じることが出来ました。今年度久しぶりの0歳児ということで0歳の時期にしか見られない可愛い姿を見ることができ嬉しく思います。今回は私が保育士になろうと思ったきっかけをお話します。私自身幼少期は幼稚園に通っていました。毎日のようにおままごとで遊んでいた記憶が残っています。自分よりも年上のお姉さんが「お母さん役」をしていて憧れ、年長になると進んで「お母さん役」していました。子どもながらに自分以外のお世話をする事に楽しさや嬉しさを感じていたのではないでしょうか。
もうひとつのきっかけは母親が保育士だということです。実際に保育園で働いている姿を見たことはないのですが、母親から保育園での仕事話を聞いているうちに保育士なってみたいと思いました。現在保育士として働くきっかけをくれた母には感謝です。また妹も保育士になろうと学校に通っているので無事に保育士になれたらと願っています。一日一日を大切に子どもたちが楽しい生活を送れるように精一杯頑張っていきます!

■菊池 先生

   今年度たまご組の担任をしております、菊池です。
 突然ですが、私は読書が大好きです。趣味というよりは、常に側になくてはならない、生活の一部のような存在です。
 私が読書を好きになったきっかけは、小さい頃母親が毎日必ず一冊ずつ寝る前に読んでくれた絵本にあると思います。母親は定期的に図書館に通い、毎回違う内容の絵本を借りてきてくれました。購入した絵本はほとんどなかった為、「毎日繰り返し同じ絵本を読む」という経験はありませんでしたが、「幼い頃から何千冊もの絵本に親しむ」経験をしてきました。お布団に寝っころがりながら見る絵本は、毎日様々な世界に連れて行ってくれ、私はその時間が楽しみで仕方なかった記憶があります。
 今年度0歳児クラスの担任をさせて頂いていますが、絵本の読み聞かせをしていると思わず笑ってしまうような面白いところ、不思議なところなどを1人ひとりの感性でとてもよく感じていて驚かされます。0歳の時に読んだ絵本は記憶には残る事はありませんが、「その時感じた事が成長しても心のどこかに残るといいな」という気持ちで読み聞かせを楽しんでいきたいと思います。
 まだまだ至らないことばかりですが、宜しくお願い致します。

■野村 先生

   今年度たまご組の担任をさせて頂いております。野村です。昨年度9月からうさぎ組の補助としてエイビイシイ保育園に入職しました。たまご組の担任になって早8か月。4月当初はまだ歩けなかった子がトコトコと歩きだし保育者が手遊びや言葉がけをすると喃語や仕草で真似をしてくれるようになり、日々の成長に驚かされています。私自身担任を持つのは人生で初めての事なので、日々沢山の事を先輩先生方に学びながら子ども達と一緒に成長している毎日です。
小さい頃に通っていた幼稚園の先生に憧れ、私もいつか子どもと関わる仕事に就きたいと夢見ていました。当時の担任の先生はいつも温かく優しい笑顔で子ども達を包み込んでくれるような存在でした。私も子どもたちのその様な存在になりたいと思っています。
これからもっともっと色々な事が出来るようになる子ども達。その過程を間近で見られる事は私にとってとても良い経験をさせて頂いていると有難く思います。同時に子ども達にも沢山の楽しい思い出を作り、様々な経験をしてもらえたらと思っています。まだまだ至らない点ばかりですが、一年間どうぞ宜しくお願い致します。


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.