エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<プラネタリウム> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り> <七夕の会>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  クラスだより

「日常」
夏休み始まり!

 
子どもたちが待ちに待った夏休みがスタートしました。学年によっては宿題が多くなり早く終わらせたい子もいれば、まずは遊びたい気持ちがいっぱいの子もいました。

 そんな中、風の子の夏休みスタートは皆でスライム作りに挑戦しました。
初めての子は何度も作った事がある子から作り方を教えてもらい作ってみると、分量が難しくべちゃべちゃになってしまい手にくっついたりとなかなかうまく作れず、何回か作り直してみるうちに上手に作れるようになり、子どもたちも楽しんで作ることが出来ました。
(指導員 大楠)


ピアノ教室

  こんにちは!斉藤恵子です。
 梅雨明け後のこの暑さ…たまりません(-_-)皆様、体調はいかがでしょうか?まだまだ、この暑さはトバクチ…乗り切らねばね!
 ピアノレッスンを春から始めた生徒さん達はまだヨチヨチ歩きですが、皆さん楽しんでレッスンしています。 私も個々の生徒さんにスッキリはまる教材を研究しつつ、温かいレッスンを提供してまいる所存です。
さて、梅雨は明けたもの、あのジトジト季節にピッタリはまる曲といったら…ジャーン♪「雨だれ」♪( ´▽`)
この曲はかの有名なポーランド生まれのピアノの詩人フレデリック・フランソワ・ショパン作曲のピアノ曲で、彼のありとあらゆる音楽表現が詰め込まれた24の前奏曲中の一曲。第1番ハ長調、第2番イ短調、そして第3番ト長調という具合に全曲異なる調性で書かれていますが、第15番の「雨だれ」はその名の通り雨音のように貫いて鳴らす連打音が特徴で多くの方々から愛されています。自身の病いが悪化する中でも、作曲のペンをとめなかったショパン入魂の作品だそう。
 作曲当時20歳後半だったショパン、恋人ジョルジュ.サンドとスペインのマジョルカ島に訳あり(?)での滞在中は、ちょうど地中海性気候の雨の多い時期。長く降り続く雨が前奏曲「雨だれ」の完成に影響を与えたとも言われています。名曲誕生の裏には地中海で花開いた愛のストーリーが…(?)いえいえ、そんな甘いロマンスだけでは語れない壮絶な秘話があるのですよ(¬_¬)
 次回はショパンの波瀾万丈の人生に触れてみましょうか…
 ちなみに、第7番は例の(?)胃腸薬のCMでバックに流れているあの曲。この曲の調性「イ長調」と「胃腸」をかけているそうな…その発想に敬意を表します*\(^o^)/*





 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.