エイビイシイ保育園  

home
杉の子会概要
働く母親・保育関係年表
1965年〜1974年
1975年〜1984年
1985年〜1994年
1995年〜2005年
総合施設への思い
地域ごとの少子化に対応
子育てサロンのメリット
働きながらの子育て支援
エイビイシイの少子化対策
ご案内図・連絡先
  子育てサロンのメリット

子育てサロンのメリットは…
・少子化で子供が少ない中でも、同世代で遊べる場がつくれます。
・先輩ママや保育の専門家(保育士)にサポートしてもらえます。
・百聞は一見にしかず、育児に関する悩みを総合施設の様子を見学することにより、具体的なアドバイスを見て感じる事が出来ます。
・孤立しがちな子育て中の親でも、コミュニケーションが取れること。

しかしながら、新宿区で子育てサロンに取り組んでいるところは少ない。育児の楽しさをクローズアップしていきます。核家族化、親が近くにいないなどの理由で、家の中で一人で子育てに悩んでいる人がたくさんいます。

こういう時こそ、豊かな経験を持っている母親が助けてあげられるのではないでしょうか。先輩ママがこれから子育てをしていく人たちに話をしたり、聞いたりしながら、自分たちの経験を伝えていく、いわゆる子育てサポーターを総合施設では養成し、地域で支えあう子育てサロンを形成して行きます。


昼夜施設には少子化がない
昼夜施設を利用しているお父さん、お母さんは、共働きの方がほとんどです。働きながら子育てが出来るから、少子化が起こらない。お母さんも理想的に子供を産み、育てることが出来ます。

昼夜施設を増やすには
コンビニの名前通り、朝7時から夜11時は最も人々が活動し、働いている時間です。働きながらの子育て実現には、最低限この時間帯の保育需要に応えなければなりません。

また、利用者の受け入れ窓口も、この時間帯はOPENしていただきたいものです。行政窓口の対応が無理であれば、各施設での直接入所対応が必要となってきます。(店を閉めていてはお客様は来ない。お客様は他の所「ベビーホテルなど」に行ってしまう。)まず、利用者(=お客様)の需要に合った受け入れ窓口を確保することが、昼夜施設を増やす第一歩です。

平成17年4月より開始する総合施設モデル事業に、特に「都市型モデル」として、東京新宿より発信したいと考えています。

社会福祉法人 杉の子会
理事長 片野 仁志

         
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会 ニュース リンク

Copyright (C) 2005 エイビイシイ. All Rights Reserved.