うさぎ組・4才

【今月のねらい】
〈生活〉
★秋の自然に触れ、遊びに取り入れたり、いろいろな事象に気付いたりする。
〈遊び〉
★友達と一緒に、ルールのある遊びや体を使った体を使った遊びを思い切り楽しむ。
★自分なりに目的やイメージを持って遊ぶ。

【先月の姿】
〈運動会☆〉

 十月八日に行われた運動会で、パラバルーンを披露しました。八月よりパラバルーンに取り組み始め、色々な技を覚えてきた子どもたち。運動会が近づくに連れて緊張感も出てきて、「ママたちに早く見せたい!」「絶対花火成功させたい!」と心待ちにしている様子も見られました。パラバルーンの技で「花火」という技が中々上手くいかず、どうしたら勢いよく高くボールを上げられるかを子どもたちで考えながら練習してきました。「もっと早く下ろさないと!」「1、2、3で下ろすんだよね!」と確かめ合いながら沢山練習を重ねてきました。その練習の成果がでて、本番では曲が始まってから最初の大技である花火が成功し、ボールは勢いよく空に舞い上がることができました。他にも「洗濯、アサガオ、ヒマワリ、クラゲ」等の技も見事に決まり、最後は2回目の花火も成功させ、フィニッシュを迎えることができました。パラバルーンを始めた頃は、保育者も間に入って行っていましたが、技や順番が変ってもすぐに覚え、練習を重ねていく中で、子どもたちだけで取り組むことができるようになり、本番も子どもだけで臨むことができました。最後まで弱音を吐かず、「今日もパラバルーンやりたい!」と子どもたちから声が上がるほど、興味を持って取り組んでいた子どもたち。そんな姿がとても素敵で、逞しく成長した姿を運動会で発揮できたと思います。頑張った子どもたちを沢山褒めてあげたいと思います♪
 そして、運動会が終わってからも、年長児の練習風景をずっと近くで見ていたこともあり、早くも「組体操やりたい!」と来年に期待を寄せている子どもたちでした★

〈夏の思い出発表会〉
 夏に海やプール、祖父母の家に行った話を子どもたちから聞く機会が多かったので、夏の終わりに、楽しかった思い出を絵に描く時間を設けました。楽しかった思い出が沢山あったようで、一枚の紙に楽しかった思い出をぎゅっと詰め込んで描く子もいました。せっかくの思い出話をお友達にも共有してもらいたいという思いもあり、描いた絵を見せながらみんなの前で楽しかった思い出を発表する機会を作りました。みんなの前で発表することに緊張する場面もありましたが、「大阪のおじいちゃんのお家に電車に乗って行きました。」「ママと公園に行って滑り台したことが楽しかった!」「海に行って浮き輪を使って泳いだ所を描きました。」等、それぞれの楽しかった思い出を具体的に発表することができました。質問時間を作ると、みんなが手をあげて、より話の内容を具体的に聞く姿もありました。初めての取り組みではありましたが、「発表している友達の話を聞く、話してくれたことに対して更に聞きたいことを質問する」といったこともできる様になっていて驚きました。今後も、経験したことを自分だけではなく、保育者や友達に自分の言葉で伝えて共有していけるような機会を作って行きたいと思います。

(保育士 木浦原)

他のクラスNEWS

TOP