うさぎ組・4才

【今月のねらい】
〈生活〉
★夏期の衛生や健康管理に留意し、心身の疲れを癒しながら健康に過ごせるようにする。

〈遊び〉
★生活や遊びの中でルールや約束を守りながら、友だちとの関わりを楽しむ。

【先月の姿】
〈パラバルーンに挑戦☆〉

 活動の中で初めてパラバルーンに取り組みました。パラバルーンと聞いてもあまり馴染みがなく、ピンときていない様子の子どもたちでしたが、実際にパラバルーンを目の前にすると、「すごーい!カラフルできれい!」「早く触りたいなぁ。」とワクワクしている様子や、「これ見た事ある!前に運動会でやってたやつだ!」と昨年の運動会でうさぎ組が行っていたのを思い出した様子の子もいました。今年度も、うさぎ組が運動会で取り組む演目の中にパラバルーンがあるので、子どもたちに伝えると、とても嬉しそうにしていました。最初はパラバルーンの正しい持ち方や姿勢を知り、実際に持って簡単な技(小さい波、大きい波)から行い、徐々にポップコーン(パラバルーンの上にボールを置いて弾き飛ばす技)、テント(保育者が中に入って子どもたちがパラバルーンを床に抑える技)等を行いました。パラバルーンの感触がとても楽しかったようで、「楽しかった♪」「もっといろんな技やりたい!」「まだ終わりたくないよ~!」と口を揃え、意欲を見せていました。タイミングやリズムを合わせる事で、出来た時の喜びを感じられるパラバルーンなので、これから活動の中でも沢山取り入れ、色んな技に挑戦し、楽しみながら運動会で全員の息を合わせて一体感を見せられるように取り組んでいきたいと思います。

〈指先を使った遊び✂〉
 机上の遊びで、イラストの周りに点線が書いてある所を切って、切ったパーツを画用紙へのりで貼って完成させる「はさみ遊び」という活動を取り入れています。点線の上を切らなければならないので、途中で切れないよう気を付けたり、曲がらないようはさみの角度に気を付けたりと、ゆっくり切る練習にもなり、集中力も高めることができます。ケーキやアイス等の食べ物や福笑いのパーツ等、様々な種類の中から好きなものを選んで取り組んでいます。また、最近では箸遊びも人気で、滑りやすくて大人でも掴みにくい小さな豆を箸で掴んで落とさないように運び、「全然掴めなくて悔しいからもう一回!」「落とさないで掴めた!」と難しくても諦めずに繰り返し挑戦して楽しんでいる姿が沢山見られました。指先を使った活動を通して集中力を培い、創造力を育んでいきたいと思います。

(保育士 木浦原)

他のクラスNEWS

TOP