児童発達支援

こちらは「蜘蛛のポーズ」といって片腕で身体を支えて体幹を鍛えるトレーニングを行っているところです。
初めての取り組みですが、みんな上手にバランスをとって支えています。体幹トレーニングは、姿勢良く、疲れずに椅子に座る練習にもなるので今後もプログラムに入れていく予定です。片足を上げてバランスをとっているところです。
少し、不安定な体勢でもみんなやる気をもって頑張っています!

二人一組になり、相談しながら間違い探しをしているところです。
組によって先に探す人、答える人など決めて行っていました。相手が探している時は、答えを言わないなど相談して取り組んでいました。順番を待つ、相手に歩調を合わせるなどの経験を積めるようししていきます。

放課後等デイサービス

今週の取り組みは「マンダラ」(*前後左右が全て同じ模様)の塗り絵を行いました。
数あるマンダラを子どもたちは自分の好みのマンダラを楽しそうに選んでいました。

小学生中心の放課後デイサービスでは、週替りで運動、工作、ソーシャルスキルなどの集団活動を楽しみながら行えるように工夫しています。「マンダラ」はどのお子さんも集中して、丁寧に取り組んでいました。カラフルに仕上げたマンダラは、飾ったりコースターにしたりと素敵な作品にして持ち帰りにしています。普段はにぎやかな子どもたちですが、この時はおしゃべりはほとんどせず、夢中になって描いていました。

先生紹介

下平先生

 エイビイシイひまわり教室で12月より児童発達支援管理責任者(放課後等デイサービス)をしております、下平歩と申します。
 今までは、障がい者通所施設で支援員として5年間、療育現場で1年半、働いておりました。
 私の趣味は旅行ですがコロナの影響で最近は遠出は出来てませんが、コロナが落ち着いたらたくさん旅行をしたいと思っております。
 ひまわり教室では、子ども一人一人に寄り添いながら、個々に合った支援を考えていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

TOP