散歩

毎週、水曜日と土曜日に外遊びに出ています。コロナ禍になる前は水曜日に50円おやつとしてコズミックセンター内の売店で50円分おやつを買ってから公園で食べていましたが今は風の子内で職員が買ってきた物の中から選んで食べてから外に出ています。
 どこの公園に行くかは子どもたちに多数決で決めてもらいます。最近、流行っている遊びはバドミントン、鬼ごっこ、フリスビー、ブランコなどです。今後はバレーボールやキャッチボールなど子どもたちが興味を持ったスポーツを取り入れていきたいと思っています。

(指導員 木村)

日直の仕事

風の子クラブでは子ども達に日直の仕事をお願いしています。日直の仕事は献立の発表と給食開始と終了の時間を言ってもらいます。
 日直の仕事は順番に回ってくるのではなく「今日、日直やろうかな!」と自主的にやってくれます。
 日直には他にも仕事があり3階から1階までの階段掃除とカメディウスのご飯をあげる仕事です。階段掃除は夏休み後から1年生も手伝ってくれています。上級生が丁寧に掃除のやり方を教えてくれるので本当に助かっています。カメディウスのご飯もあげ過ぎない丁度いい量をあげてくれます。カメディウスにご飯をあげる為に日直をやる子もいます。  

(指導員 木村)

9月お誕生日会

 9月27日(月)に9月生まれの子の誕生日会をしました。
 今回の誕生日特別メニューとして「おかかチーズおにぎり・しゃけおにぎり・バナナパフェ」を作りました。大きいおにぎりを口いっぱいに頬張り食べた後、「おなかいっぱい」と言いながらもペロリとパフェも食べていました。甘いものは別腹だったようです♡
 ご飯を食べた後は誕生者への質問コーナー♪「好きな○○」の質問が流行り、キャラクターや色、食べ物など沢山聞いて聞いていました。次回の誕生日会は10月25日(月)を予定しています。

(指導員 安達)

ピアノ教室

 こんにちは!斉藤麻莉です。クラシックの歴史のその3≪ルネサンス音楽≫
 バロック音楽に入る前に、中世音楽の次にルネサンス音楽という時代があります。ルネサンス音楽は15世紀後半、フランドル地方(ヨーロッパ北部)の音楽家達の活躍により、多声音楽はさらに複雑化していきました。
 この頃、ヨーロッパではイギリス対フランスによる百年戦争が起こります。それをきっかけに、中世イギリス音楽の3度と6度の和声がヨーロッパ大陸に伝わっていきます。これまで、和声といえば4度と5度の難い印象の響きでしたが、この3度と6度の柔らかい響きはフランドルの音楽家達をとても夢中させたようです。そこに、フランス音楽の複雑なリズムやイタリア音楽のメロディアスな旋律が総合的に絡み合い、音楽技法は大きく発展していきました。そして、フランドルで音楽教育を受けた音楽家達はヨーロッパ各地の聖堂や宮廷に派遣され、ヨーロッパ共通の音楽技法として根付かせていきました。
 15世紀フランドル出身の音楽家で大きな功績を残したとされるギヨーム・デュファイ。彼は宗教音楽よりもシャンソンを数多く作曲しており、自身の宗教音楽に自身で作った世俗音楽の旋律を取り入れラテン語をはめるなどしました。その旋律は美しく、歌詞は愛や恋や失恋などの内容でこれまでの神聖さ一筋の歌曲に世俗さが意図して交わりました。このデュファイの逸脱な試み、当時はまだ誰も発想にないことだったことでしょう。

先生紹介

カメディウス

今月は風の子クラブの仲間であるカメディウスを紹介します。
今でもどんどん成長しているカメディウスは毎日元気に過ごしています。ご飯をあげる係は日直さんと階段掃除を手伝ってくれた子にお願いしていて、きちんと適量あげてくれます。そのおかげでカメディウスも大きくなり近頃、水槽が小さくなってきたのでリニューアルを考えています。長い間、風の子クラブを見守ってくれているので過ごしやすい環境でこれからも元気に過ごしてもらいたいと思います。

  (指導員 木村)

10月の夕食献立

10月予定表

日程 曜日 内容
1  
2 ★運動会
3  
4
5
6 50円おやつ
7
8 図書館
9  
10  
11  
12
13 50円おやつ
14
15  
16  
17  
18  
19  
20 50円おやつ
21 避難訓練
22 図書館
23  
24  
25 誕生日会
26  
27 50円おやつ
28  
29  
30  
31  

※予定が変更になる場合もあります。
天気の良い日は出来るだけ戸外遊びを多く取り入れます。

TOP