雪遊び

1月6日~7日に1泊で長野県に雪遊びに行ってきました!この日をとても楽しみにしていた子どもたちは、朝からご機嫌でした♪
 バスに揺られ、段々と窓の外が雪景色に代わっていくと、目をキラキラと輝かせていました。
 宿泊先のヴィレッジ女神湖に到着し、まずはお昼ご飯!持って来たお弁当を食堂で食べました。食後はレクリエーションホールへ移動し、スキーウェアに着替え2in 1スキー場へバスで向かます。スキー場へ向かう途中、雪景色を堪能していると野生の鹿を見ることが出来ました。突然の登場に驚きましたが、子どもたちは大喜びでした!
 2in1スキー場ではお待ちかねのソリ遊び。初めての1年生は少し怖がる様子がありましたが、一度滑ってみると楽しさに気付き、何度も何度も繰り返し滑っていました。上級生はソリ遊びの楽しさを知っているので、最初からハイテンションで斜面を滑っていました。自分のペースでのんびり滑る子、速さを求める子、競争を楽しむ子、2人乗りや大人数で仲良く和気あいあいと楽しむ子等、それぞれの楽しみ方で、心ゆくまでそり遊びを堪能していました。そして、初めて雪遊びをする子たちからは、「こんなに沢山の雪見るの初めて!」「来て良かった~!」と喜びの声が聞こえてきました♪
 宿泊先に戻り、ヴィレッジ女神湖の敷地内で少し雪遊び。雪合戦をしたり、雪に埋もれてみたりと寒さも忘れ夢中で遊んでいました。すると、子どもたちからソリ遊びをしたいという声があがり、滑り台作りがスタートしました。子どもたちが一生懸命に積もっている雪をかき集めてくれたので、大きな山が出来ました。一晩寝かせて明日滑ろうと決め、ワクワクしながら1日目の雪遊びは終わりにしました。
 着替え終わった後は花火をしました。雪の中での花火は特別感があり、子どもたちは寒さも忘れてしまうほど、夢中で花火を楽しんでいました。
 その後は夕食をみんなで食べ、部屋へ移動し貸し切りの大浴場で1日疲れを癒しました。21時の就寝時間には布団に入ると、よほど疲れていたのかあっという間に夢の中へ…。朝までぐっすり眠っていました。
 2日目は荷物をまとめてから朝食を食べ、スキーウェアに着替え、また雪遊びスタートです!前日に寝かせておいた雪の山を滑りやすいように均して、お待ちかねのソリ滑りをしました。自分たちで作った滑り台の滑り心地は…「最高~」「楽しい~」と大満足でした。ソリ遊び以外にも、友だちと協力してかまくらを作ったり、雪でおままごとをしたり、シャボン玉や凧揚げもしました♪雪遊びに夢中で長靴が雪に埋もれてしまったり、足が抜けなくなって身動きが取れなくなったりとハプニングもありましたが、終始子どもたちの楽しそうな笑い声とキラキラとした笑顔が溢れていました。
 昼食を済ませバスに乗り最後の目的地は「もうもう専科」という牧場のソフトクリーム屋さんです。濃厚なミルクのソフトクリームと暖かいカフェオレを頂きました♪
 今年度はサマーキャンプが中止となり、子どもたちは東京ではなかなか経験できない雪遊びや沢山の友だちとお泊りが出来る冬のキャンプをとても楽しみにしていました。その為、コロナの影響もなく、無事に出発し怪我無く元気に帰って来られたことを嬉しく思います。
 保護者の皆様におかれましては、準備するものが多く大変だったと思いますが、揃えて頂けたこと本当に感謝しております!今後も楽しい遠足やお泊まり行事を計画していきますので参加して頂けたらと思います。

(指導員 池田)

お正月遊び

 毎年、風の子クラブではお正月遊びを取り入れています。今年は凧揚げをやろう!と思ったのですが、新宿ではなかなか凧揚げをできる場所がありません。では、長野県に雪遊びに行くからその時にやろう!と決めてやってみました!
 子どもたちに聞くと凧揚げをやったことがない子が多く、1からやり方を教えて行いました。風も丁度良く吹いていて凧揚げをする環境としては良かったのですが、足元に雪が積もっているため子どもたちも苦戦していました。何度か挑戦していると揚げられるようになったり、最初は指導員が揚げて子どもたちに交代したりと楽しんでいました!指導員も子どもたちと一緒に久しぶりの凧揚げを楽しませてもらい、いいお正月遊びを行う事ができました。
 東京に帰って来てからも凧揚げをやりたいと言ってくれる子も居てやってよかったなと思います。

 (指導員 木村)

1月のお誕生日会

1月30日(月)に誕生日会を行いました!
 今月のメニューは塩こうじ唐揚げとほうれん草とベーコンのバター炒め、ポトフ、米粉クレープでした。米粉クレープは前回も人気だったデザートで、なぜか何もつけないで食べるのが人気です(笑)今回はクリーム、チョコソース、バナナ、キウイを用意して好きなトッピングを選んでもらいました。1番人気はチョコバナナでおかわり待ちの子も並ぶほどでした!またリクエストがあれば作ろうと思います。
 次回の誕生日会は2月27日(月)に行います。また、子どもたちが食べたいと思うメニューを取り入れながら誕生日の子をお祝いしたいです!

(指導員 木村)

子育て深夜便

 寒さや乾燥が気になる時期になりました。
 感染症、風邪やインフルエンザに負けず、予防に気を配りながら元気に過ごしたいと思います。
 今回は眠る時の体勢についてお伝えします。子どもたちにはそれぞれ眠りにつきやすい体勢があるようです。布団に入り、寝る前のおしゃべりや読み聞かせの間はソワソワと身体を動かしているのですが、「そろそろ寝るよ~」と声を掛けると、うつ伏せや横向き、手を顔の下に入れたり毛布をすっぽりかぶったりと落ち着く体勢をとっています。
 眠りについた後、子どもたちの様子をしばしば見に行くのですが、毎度「えぇ!」と驚くような体勢や移動距離に笑ってしまいます。寝ている時も元気な子どもたちです♪

(指導員 池田)

ピアノ教室

 こんにちは!斉藤麻莉です。2023年は古典派音楽のお話から始めたいと思います。古典派は18世紀半ばから19世紀初頭の時代の音楽。啓蒙主義で、絶対主義体制が崩れてフランス革命が起きる激動の時代でした。音楽は宮廷音楽と共に市民の音楽文化が徐々にさかんになっていきます。バロック時代の通奏低音はなくなり、難しい和声や対位法はすたれメロディーと伴奏の明快でわかりやすい音楽(ホモフォニー書法)にすすんでいきます。一方、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンは、バロック時代の対位法とホモフォニー書法を統合した作品を次々と生み出していきます。ピアノも大きく発達し、バロック時代では見られなかったダイナミクス(crescendo、decrescendo
などの強弱)が新しい表現技法として加えられ、交響曲、弦楽四重奏曲とジャンルが広がっていきます。ソナタ形式は、創始として代表されるバッハやヘンデルに続き、エマヌエル・バッハ(バッハの次男)により構成が形式化され、その形式はマンハイム派の管弦楽団により管弦楽にも用いられるようになりました。そして、ハイドンやモーツァルトによってついにソナタ形式は完成していきます♪

2月の夕食献立オーガニック給食

2月予定表

日程 曜日 内容
1 50円おやつ
2  
3  
4  
5  
6  
7
8 50円おやつ
9  
10 もちつき
11 建国記念日
12  
13
14
15 50円おやつ
16 避難訓練
17  
18  
19  
20  
21  
22 50円おやつ
23 天皇誕生日
24  
25  
26  
27 誕生日会
28  

※予定が変更になる場合もあります。
天気の良い日は出来るだけ戸外遊びを多く取り入れます。

TOP