誕生日会&お別れ会

 3月22日(月)に今年度最後の誕生日会とお別れ会がありました。当日は16時からビンゴ大会、18時から特別メニュー会食、18時半から誕生日者&卒業生紹介、19時からゲーム大会と楽しい事が凝縮された日程になっていました。
 風の子クラブではおなじみのビンゴ大会ですが、1年生もしっかりとルールを理解していて「リーチ!」「ビンゴ!!」とドキドキした表情で参加していました。中にはトリプルリーチの子が後からリーチした子に抜かれてビンゴをするという劇的な展開もありました。
 夕食のメニューはカツカレー、キャベツのポタージュ、豆腐のポン酢サラダ、りんごゼリーでした。調理をしている最中にも「いい匂いがする。」「この匂いは絶対カレーだと思う!」と警察犬のように的確に当てている子もいました。特別メニューという事もあり、おかわりもたくさんしてあっという間に完食していました。
 当日に誕生日者の子が欠席だったので、卒業生の子のみの紹介でしたが、6年生ともあると少し恥ずかしそうにしていましたが、しっかりと自分の言葉で自分の考えを伝える事ができていました。保育園時代から知っている子なので、立派な子に育ったなという嬉しさと、旅立っていく寂しさもありますが、さらなる成長を楽しみにしています。
 お楽しみのゲームでは、スクリーンの大画面で行うので迫力もあり、大盛り上がりでした。家庭で行うゲームとは違い、大勢の友だちと一緒に行うのでより一層楽しむ事ができました。ソーシャルディスタンスもしっかりと守り、盛り上がりながらも節度を持ってという今の時代に合わせた楽しみ方でした。
 安全性と楽しみ方を考えていかなくてはいけない状況ではありますが、風の子クラブでは今後も子ども達が楽しいと思える活動に力を入れていきたいと思います。  (指導員 大橋)

エイビイシイ保育園卒園式

 3月11日(土)にエイビイシイ保育園の卒園式がありました。いつもの私服とは違った晴れやかな姿に、恥ずかしがりながらも凛々しいその姿はまさに年長児クラスとしての姿でした。保育園での生活を終え、次は小学校へと舞台を移します。緊張と喜びを胸に入学式へと向かう姿が今から楽しみです。4月からは新1年生としてさらに立派な姿を見せてくれる事と思います。
 コロナ禍でなければ風の子クラブの1年生も式に参加していたのですが今回は不参加となりました。風の子クラブで2年生以上の子があの時の気持ちを話したりと、様々な事が受け継がれていくと思います。 (指導員 大橋)

ピアノ教室

 こんにちは。斉藤麻莉です。この春ご卒園ご卒業の皆様、ご入園ご入学の皆様、おめでとうございます!今年度もパワフルに、皆様に音楽の楽しさを伝えていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します♪

 さて、昨今すっかり機械化された世の中となっております。音楽ではどうかというと、中世から受け継がれた生楽器を元に電子楽器が多く流通され、平成が始まった頃には電子ピアノがピアノの販売数を上回るほどになりました。何せ、ピアノは重い、音が大きい......(なんと!ピアノは電車通過のガード下と同じくらいの音量と言われます!)。そこを難なくクリアできる電子ピアノは、今やすっかりピアノの代用品として常識的な存在。そんな電子ピアノ。ピアノの音と違いはあるのか?これはほんの少し聞いただけでは差は非常に聞き分けずらいのですが、本にこのような例えがありましたのでご紹介します。マジックペンと筆の例えです。マジックペンは気軽に簡単に誰でも扱えます。筆は使い熟すのに熟練をすることで様々な太さや濃淡を出すことができます。それが使い手によって千差万別の表現になるのです。電子楽器は誰でも簡単に綺麗な音を出すことができます。対して、ピアノは鍛錬しないと美しい音を出せません。音色、強弱は勿論、弾き方によって悲しい、楽しい、汚い、という感情に直結させる表現ができます。私は家で毎日ピアノを弾きます。勿論電子楽器も持っています。日々触れて感じることは、ピアノの響きは本当に複雑で奥深いということ。綺麗な音というのは簡単に出せるものではないということ。ピアノの鍵盤の重みや振動を感じながら、日々の練習を積み重ねて少しずつ理想の音に近づいていくものなのです。こういった繊細な響きを追及するには、電気を増幅させスピーカーを通した楽器では完璧な再現は難しいと感じます。人間の耳は自然界に近い程心地よいと感じます。花を例えとして、生け花か造花か。造花をいくら精巧に作っても生きた花の瑞々しい美しさにはきっと至らないでしょう。ピアノをはじめとした生楽器の魅力はこういうことなのだと思いました。だからとって、電子楽器の音は悪いということでは決してなく、こちらはピアノにない魅力があると個人的に感じています。こちらはいずれの機会にご紹介したいと思います♪

先生紹介

安達先生

 今年度風の子クラブ指導員をさせて頂きます安達彩です。風の子に入職2年目から4年目まで3年間いました。「また風の子に戻ってきたんだな」という懐かしい気持ちと、子ども達の顔ぶれが違うので新鮮な気持ちが入り混じっています。パワフルな子ども達に負けないように私も毎日元気に過ごしていきたいです。「風の子、楽しい」と子ども達が思えるように活動を準備していきます。昨年度はコロナ禍の影響で戸外での行事が出来ませんでしたが、状況を見つつ行事も計画していきたいなと考えています。精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。(指導員 安達)

4月の夕食献立

4月予定表

日程 曜日 内容
1  
2  
3  
4
5
6  
7 50円おやつ
8
9  
10  
11
12
13
14 50円おやつ
15 避難訓練
16  
17  
18  
19  
20  
21 50円おやつ
22  
23  
24  
25  
26 誕生日会
27  
28 50円おやつ
29 昭和の日
30  

※予定が変更になる場合もあります。
天気の良い日は出来るだけ戸外遊びを多く取り入れます。

TOP