50円おやつ

風の子クラブでは毎週水曜日におやつを食べる日があります。今年度はコズミックセンターへ皆で歩いて行き、売店の駄菓子を自分で50円分選んでいます。お店の棚の中かから好みの物を選び食べるというのは、また格別なようで、とても真剣に選びレジを通ると満面の笑みです。
 子どもたちのおやつの選び方も様々で、10円のおやつを5個選ぶ子やバランスよく買う子、50円で量が多くなるように選ぶ子など個性がよく出でいます。毎回、飽きるまで同じおやつを選ぶ子もおり、1年生はまだ50円を選ぶことが難しいですが頑張って計算しながら選んでいます。
 買ったおやつをバックに入れて、お散歩の目的地の公園に着くと、青空の下で座って食べます。友だちと会話をしながらおやつを味わい、満足すると元気に遊び始めます。
 夏には暑くて子どもたちからアイスのリクエストが増えるのでお菓子ではなくアイスになることもあります。アイスは何種類か買ってきて選んでもらうので目をキラキラ
させながらどれにするか見つめています。毎週アイスにすることは中々ありませんが、これから暑い日も増えてくるので、かき氷で好きなシロップをかけて楽しんで食べられるようにしていきたいとも考えています。週に一度のおやつの日を、子どもたちの楽しみが広がる日になるように進めていきたいと思います。

(指導員 辻田)

宿題の様子

 風の子クラブでは17時から18時まで宿題をする時間として1階で過ごしています。(宿題サポートコースの子は3階)
 宿題の時間は17時からですが、風の子に帰って来てから、自主的に宿題を終わらせる子、宿題が多い日は1時間で終わるようにあらかじめやっておく子も居ます。高学年になると、自学で自分の好きなことを何でもよいから追及して学ぶ宿題があり、自由な発想で目標も自分が設定し、学ぶことを楽しむ姿にはとても感心させられます。   
 タブレット学習では、ドリルパークをしたり、辞書のように使っていたりしています。
 1年生はまだタブレットの宿題よりも紙の宿題の方が出ているので、頑張って鉛筆を使って解いています。
 タブレットの充電に関しましてはご家庭でお願いしていますのでご協力お願いします。

 (指導員 辻田)

誕生日会

5月27日(月)に誕生日会を行いました。
 今回のメニューは具沢山春巻き、レタスのフレンチサラダ、もやしとキャベツの坦々風豆乳スープ、胡麻団子でした。春巻きが人気で1本が大きくボリュームがありましたが、あっという間にお腹の中へ。「美味しい!」「皮がパリパリ!!」と嬉しい感想が聞こえてきました♪デザートの胡麻団子はもちもちの食感とあんこの甘さが気に入ったようで、おかわりする子もおり、沢山あった胡麻団子もみんなで完食していました。
 ごはんの後は誕生日者への質問タイム!お友だちの話を沢山聞いて、より仲が深まったのではないでしょうか♪最後にみんなでバースデーソングをプレゼントすると、恥ずかしそうにハニカミながら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていました!次回の誕生日会は6月24日(月)を予定しています。

(指導員 池田)

子育て深夜便

 今回は2年生以上のお泊りの様子を紹介します。16時から2~3人ずつ順番にお風呂に入ります。1年生と一緒に入る時は手が届かない所を洗ってあげたり、すすぎ残しがないか見てあげたりしてくれます。1年生の様子も見つつ、時間も気にしながら入浴できる、しっかりものの子どもたちです。なかなかお風呂から上がってこないこともあるので、こっそり様子を見に行くと鏡の前で自分とにらめっこをしていたりポーズを決めていたり、気持ちよさそうな歌声が聞こえてきます。
 就寝時間までは遊んで過ごします。その間に歯みがき・トイレ・帰りの支度を済ませています。20時半に泊まりの部屋へ移動し、布団に横になると、しばしの間、学校やプライベートの話で盛り上がっています!そして、楽しみにしている読み聞かせが始まると1人また1人と夢の中へ…可愛い寝息や寝言が聞こえてきます♪ 

(指導員 池田)

ピアノ教室

 こんにちは、斉藤麻莉です。以前、お話ししたウィーン古典派の3人の巨匠とは誰のことか覚えていますか?モーツァルト、ベートーベン、ハイドン。そもそもの交響曲や弦楽四重奏とピアノ・ソナタは、モーツァルト、ハイドンが基礎を築き、ベートーベンがその上に塔を建てたようなイメージ。共通点もいっぱいあります。
 モーツァルトとベートーベン。この二人は実はかなり年が離れていて、感性や世界観という点では対照的とも言えます。その理由の一つは、フランス革命です。
 ベートーベンは、フランス革命の真っ只中生きており、ナポレオンの動乱やギロチン、19世紀における市民の激動な発展を見ていることでしょう。みんなで頑張ろう、そうすれば輝かしい未来が待っている。交響曲第三番「英雄」、第五番「運命」、第九番「合唱」は、市民達を励ますように盛り上がり、輝かしいクライマックスを迎えます。
 モーツァルトは35年という短い生涯をフランス革命より前に終えています。ベートーベンのように、頑張れば輝かしい未来が待っている!という世界観とは無縁で、モーツァルトのフィナーレはどれだけ華やかなであっても、これでもかと熱狂せず、どこか儚さがあります。限りなく美しくも、宴の締めくくりはいつも楽しく、物語のようにシャンシャンと終わる趣があります。まるで、いずれ滅びてしまう事を知らずに、甘美な生活を送っている貴族社会のようです。
 ベートーベンとモーツァルト。これはほんの一部の楽曲の話ではありますが、歴史的背景を思い描きながら聴き比べてみるのも面白そうですね♪

先生紹介

辻田先生

 昨年度に引き続き、風の子クラブ指導員をさせて頂きます、辻田丈代です。2度目の成人式⁈が11年前に過ぎ、少しずつ体力が衰えつつある年頃です(笑)「私、○○したらすごいんです」というキャッチフレーズのCMが、その昔流行りましたが、知っている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか…。私もその言葉を借りて言うと、「実は私、💪力こぶがすごいんです!」私はこれと言って特技が無く、以前は自己紹介で披露することもありましたが、スマイル新聞で申し上げるのは初めてかもしれません。力こぶはあっても、子供の時から懸垂が出来る訳ではなく、もっと言えば腹筋も出来ないただの腕力持ちでした。大人になり保育士の仕事に就くと、重いものを持ったり、幼い子ども達の中でも身体の大きい子を抱っこすることがあったので、昔はちょっとした自信でした。今では無理は禁物と、過信をせず安全第一で仕事をする毎日ですが、学童の子どもたちに時々見てもらい、ツンツンと触って笑ってくれるのを楽しんでいます。「僕もあるよ」と、力こぶを見せてくれるお友だちがいると、お互いに見せ合い、何故か気持ちだけは若くなった気がしてしまいます(笑)。
 今の私は、笑顔と元気いっぱいの風の子クラブの子ども達に、毎日パワーを貰い充電満タンです。また、素直で純粋な子どもたちから学ぶことも沢山あります。先日、宿題に取り組めない子どもの様子を、塾の先生が「宿題って誰にとっても面倒くさいものですよね。だから後回しになってしまっているのかもしれません。」と言いました。その後、一人宿題が終わるまで諦めずに取り組む子どもの姿が強く印象に残りました。その子のように困難な事に私自身は正面から取り組めるのかな、と考えさせられました。
 子ども達に与えてもらうことが多い私ですが、私も子ども達の沢山の笑顔のために、これからもできることに一生懸命に取り組みたいと思います。力不足な面も多々あるかと思いますが、周りの職員と力を合わせて頑張りたいと思います。一年間どうぞよろしくお願い致します。

  (指導員 辻田)

6月の夕食献立オーガニック給食

6月予定表

日程 曜日 内容
1 お外の日
2  
3  
4  
5 50円おやつ
6  
7
8
9  
10  
11  
12 50円おやつ
13
14
15  
16  
17  
18  
19 50円おやつ
20 避難訓練
21  
22  
23  
24 誕生日
25  
26 50円おやつ
27  
28  
29  
30  

※予定が変更になる場合もあります。
天気の良い日は出来るだけ戸外遊びを多く取り入れます。

TOP