お泊り遠足

 

8月23、24日の2日間、きりん組とうさぎ組で1泊2日のお泊り遠足に行ってきました。当日はあいにくの雨でしたが、子どもたちは期待に胸を膨らませながら元気に登園してくれました。
 1日目は千葉県佐倉市にある草ぶえの丘に行きました。向かう車内では職員によるバスレクに大盛り上がり。子どもたちの笑い声や元気な声が響き渡っていました。車内で楽しむ反面、窓の外を見ると大雨。不安そうな表情を浮かべる子もいましたが、どうにか雨が止むようにと、みんなで手を合わせてお空に向かってお祈りをしました。草ぶえの丘に到着するとお待ちかねのお昼ご飯の時間。保護者の方の愛情が沢山詰まったお弁当を嬉しそうに頬張る姿が印象的でした。子どもたちの願いが届いたのか昼食を終える頃には雨が止み、少しずつ晴れ間が見えるようになりました。子どもたちも安堵の表情を浮かべ、皆で喜び合う姿がとても可愛らしかったです。いよいよ施設の散策活動の時間。大きなアスレチックで遊んだり、トンボやバッタを一生懸命追いかけて掴まえたり、ミニSLに乗車したりなど、内容が盛りだくさんな1日を時間が許す限り楽しみました。おやつはすいか割りをしました。みんなで協力し、スイカに大きなひびは入った時は歓声があがりました。割れたすいかに勢いよく群がる子どもたちでしたが、一心不乱に頬張る姿が可愛らしくて思わず笑ってしまいました。甘いすいかで体力が復活した後は、夕食の時間まで戸外活動を楽しみました。夜ご飯はハンバーグ、りんごジュースにゼリーなど、大好きな物ばかりが並ぶテーブルに目を輝かせ、ほとんどの子があっという間に完食させていました。夕食が終わるとお風呂の時間。大きなお風呂を見て喜ぶ子どもたち。思わず泳ぎだしてしまう子もいる程、お風呂の時間を楽しんでくれていました。夜になると寂しさを感じている子もいましたが、遠足の楽しみはまだまだ続きます。涙をぐっとこらえ待ちに待った花火の時間です。手持ち花火と打ち上げ花火の2種類の花火を行いました。打ちあがる花火の迫力に拍手をして喜んだり、目をキラキラさせながら花火を見つめる表情が忘れられません。そしていよいよ寝る時間。遠足が楽しくて眠りたくなさそうな子もいましたが、布団に入るとあっという間に夢の中へ。

 2日目の朝はみんな元気に起床!2日目の予定は鴨川シーワールドです。草ぶえの丘に別れを告げ水族館に向けて出発。「あとどのくらいで着くかな?」「くらげの足って何本?」「早く行きたーい」とドキドキワクワクが溢れそうな子どもたち。色鮮やかな魚や様々な種類のクラゲ、見たことの無い奇妙な魚たちを見てみんな大喜びでした。そしてお待ちかねのシャチショーの時間。びしょ濡れになる席に座りショーを楽しみました。繰り広げられる技はどれも圧巻で食い入るように見入っていました。想像以上に水を浴びましたが、普段は経験できないような貴重な体験をする事が出来ました。

 あっという間に過ぎてしまった2日間。どこかで寂しさを感じていた子もいるとは思いますが、どんな時でも笑顔で楽しんでくれていたので安心しました。身の回りのことを自分で行ったり、困った時はお友だちと助け合う姿を見る事が出来、その姿に成長を感じました。夏の終わりに最高の想い出が出来たのではないでしょうか?保護者の皆様、お忙しい中様々なご協力ありがとうございました。  (保育士 山﨑)

ついに
完成しました!

園長 片野清美

残暑厳しい中、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。夏も終わりご家族で楽しい思い出作りが出来たことと思います。さあ、9月に入りました。子どもたちは皆元気で生活しております。10月の運動会に向けて練習に追われ、かわいい姿を見せてくれています。特に4・5歳児によるパラバルーンを使っての演目は運動会において初めての取り組みです。とても楽しみですね!
 私も加齢が原因で視力が少しおちてきました。眼科で受診したところ、白内障と診断され左目を9月12日、右目を10月10日に手術することになりました。友達には「何も怖くない。今までよりずっと良く見えるから。」と言われますが…やはり怖い!自分ではまだまだ若い物には負けない気力はあるのですが、体力がついてこないですね。仕方ないかな…とつぶやき仕事をしている毎日です。
 療育教室(ひまわり教室)を立ち上げ新しい事業として少し頑張らねばなりません。本格的に始動するのは来年4月1日からですが、今から職員を研修へ参加させたり皆さま方に周知するため営業活動にも力を入れなければなりません!やる事はいっぱい!子どもも働く親も幸せであってほしい。その事をいつも頭において、働きながらの子育てを応援する為、私はもう少し頑張っていきたいと思っております。

【お知らせ】
 エイビイシイ保育園も開園して早や38年を迎えます。無認可保育園として18年、認可園として20年の時を過ごしてまいりました。ここまでくるのに色々な事がありました。しかし、皆さま方に支えられ現在があります。今迄の想いを結集し今回、『知ってますか24時間認可保育園』という写真集を発刊致しました。無認可時代の写真と現在の写真…今昔物語の写真集となっています。写真・文はエイビイシイ保育園と古くから縁のある写真家の川内松男氏にお願いし、とても素敵に出来上がりました。エイビイシイの夜間保育へのこだわり、子どもたちや保護者の方々、職員の表情が生き生きと映し出されており、とても感動の一冊となりました。皆様にも是非手にとって見て頂けるとありがたいです。

クラス
NEWS

オーガニック給食

今月の献立表

先生紹介

加倉井先生

今年度、りす組の担任をさせて頂いております加倉井です。ご存知の方もいるかもしれませんが、私生活では小学5年生の男の子の母親でもあります。息子はエイビイシイ保育園の卒園児であり、6年間通っていました。 
 学年も上がり最近は、思春期に入った息子と両親の介護で毎日奮闘中です。子育ては、一人で出来ないと私は思っています。私自身周りに助けてもらっており、毎日悩み答えが出ない日々もあります。その中で保育園の先生は一番の理解者で、相談できる相手だと思います。私自身そのことを忘れずに子ども達の事を第一に考え寄り添い、笑顔溢れる毎日が過ごせるようにしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

秋本先生

今年度、りす組を担当させて頂いております秋本です。今までクラスを持ち上がる事があまりなかったのですが、今年度は持ち上がり!2才児クラスでの生活を振り返りながら今年度の生活を考える事ができ、反省しきりになりながらも大好きな子ども達の成長ぶりをしみじみ味わっている毎日です。先日、私が風の子クラブに勤務していた時に在籍していた男の子が中学生になり、職業体験の為に保育園にやって来ました。久し振りに会った彼は身体つきは勿論、その話しっぷりが本当に立派になっていて『あのわんぱく君が!』とビックリするやら感動するや!!そんな彼が、散歩に出る準備をしていた子ども達と私とのやり取りを聞いていて「先生は変わらないなぁ~。」と一言。褒められているのか呆れられているのかは不明でしたが…!?体力や時間に余裕が持てなく、ついつい『ま、いいか』と自分を甘やかしてばかりいた最近の私は“変わらない”と言われた事が何となく心に残り、反芻するうちに『大人だって成長出来るはず。一年で何か一つでも“こうなれた”という物が出来ればいいな。』と思えるようになったのです。彼にとっては何気ない一言だったのでしょうが、私にとっては自分を奮い立たせてくれた貴重な一言となりました。こんな事を彼に伝えると「俺ってスゴイだろ!」と調子に乗りそうなので、心の中でありがとうと伝えるに留めておきましたが…。久し振りの出会いに感謝の気持ちを持った最近のエピソードです。

9月予定表

日程 曜日 内容
1  
2 ☆引取り訓練
身体測定 PM ひよこ
3
身体測定 PM うさぎ・きりん
4
身体測定 PM たまご・あひる
5
身体測定 PM こぐま・りす
6   健康診断 15:00~ ひよこ・きりん・うさぎ・りす・たまご
7    
8    
9
 
10
11

12

13
 
14 ★親子遠足(幼児のみ)  
15  
16 敬老の日

17

18

19 避難訓練

20   健康診断 15:00~ ひよこ・こぐま・あひる・たまご
21

22

23 秋分の日
24 誕生日会
25
26

27

28
 
29
30 防災館(4.5才)

★印がある場合は、保護者参加の行事です。
☆印がある場合は、保護者懇談会・保育参観週間(年2回)・引取り訓練です。

TOP