体操教室

 皆さん、こんにちは!毎週水曜日にエイビイシイ保育園の体操教室を担当させて頂いております、コンフィアンサスポーツクラブの玉城惇平(じゅうぺい先生)と申します。今年度もどうぞ宜しくお願い致します。
 体操の時間は主に、マット・鉄棒・長縄・短縄・ボールを使い、それぞれの年齢や発達に合わせた目標を設定して取り組んでいます。またそれに加えて、いろいろな体操、さらには小学生になってからの体育で必要となる「運動感覚」を身に付けられるように進めています。「運動感覚」とは、「回転感覚」「腕支持感覚」「バランス感覚」「高さ感覚」「逆さ感覚」の五つです。これらの五つの感覚を身に付けた上で、自分自身の体の動かし方を理解出来ると、全てのスポーツに通ずる「土台」が出来上がります。幼児期はまさにこの「土台」を築く時期です。しっかりとした「土台」を築くお手伝いをしていきたいと思っています。
 その為にも、体操の時間は楽しいものであるべきです。「体を動かすことって楽しい」と思えることこそが上達への一番の近道だと考えています。技が成功したとき、少しでも上達したときには、思いっきり褒めて自信へ繋げていきます。それと同時に、挨拶やお話を聞くときの「礼儀」、どうしたら上手に出来るのかと「考える力」についても、体操の時間を通して養っていきたいと思います。
 さて、体操の大きなイベントとして運動会があります。昨年度の運動会では「パラバルーン」「イス体操」の発表をしました。これらももちろん、体操の時間に指導させて頂きましたが、お子様たちにとって、みんなで一つのことを成功させる喜びや、目標に向かって頑張る事の大切さを知る機会になったのではと感じています。運動会を経て、一回りも二回りも成長したお子様たちの姿が見られました。今年度も昨年度に負けないくらい見応えのあるものにしていきます!ご期待下さい!
 今年度も体操の時間を通して、お子様の心と体の成長を全力でサポートしていきます。お迎えの際やお家に帰ったあとに、「今日の体操どうだった?」と聞いてあげて下さい。そんな問いかけに対して、お子様たちがキラキラした目でたくさんお話をしたくなるような、そんな体操の時間にしていきたいと思います。一年間どうぞ宜しくお願い致します。

(講師 玉城)

リトミック

 毎週水曜日、幼児クラスではリトミックレッスンを行っております。講師の齋藤麻莉です。
 リトミックでは音楽にのって体を使って表現していくのですが、まず音が変わったときに変化を感じる事が大事。音が変わったことでどういう動きになるか、楽しく反応しながら感覚を鍛えていきます。高い音、低い音、大きい音、小さい音、速くなったり遅くなったり、次はどんな音が鳴るのかな?子どもたちは変化が起きる度に楽しそうに反応しています。
 リトミックは音楽的な能力や感性を豊かにするだけではなく、お友だちと手をとったり、タイミングを合わせることによって共有を経験することができコミュニケーション能力も育つと考えています。

●リトミック
 ・準備体操
 ・体の軸はどこにあるかな?ビート&フレーズにのせてステップ
 ・楽しくお散歩していたらあれれ、いろんな音が?!
 ・タイミングを合わせて順番にジャンプ!(3歳クラスはボール回し)
 ・リズムがどんどん変わるよ
 ・声を出してドレミで唄ってみよう
  ~季節の唄~
 たくさんのチャレンジが待っています。みんなで音を楽しんでいきましょう!

(講師 齋藤)

紫陽花が
きれいです

園長 片野清美

 梅雨の季節となりました。色とりどりの紫陽花の花が美しく咲き誇っております。コロナ禍も少し収束に向かい始め、経済活動も自粛化から徐々に動き始めました。皆様いかがお過ごしでしょうか。    
 エイビイシイ保育園も4月・5月と時間短縮で保育を行って参りました。6月1日からは通常通り24時間運営の保育を開始しております。現在は8割~9割くらいの利用です。7月からはほぼ全員の保護者の皆さまが利用されると思っております。子どもたちの生活や保護者の皆さま方の就労を支えていけたらいいなと思います。職員も皆6月より全員職場に戻って参りました。良かったです。
 職員会議を開き今年度の行事の見直しをしました。縮小して行う行事、中止せざるを得ない行事、色々検討しました。行事を楽しみにしている子どもたちが一番かわいそうでたまりません。今後、決定事項をご報告させて頂きたいと思います。何であれ“命”が優先です。これからも衛生面に注意し、保育園で安心して楽しく生活できる場所である事を願い努めて参りたいと思います。皆様もご協力お願い致します。
 コロナ禍の中、長女(關口涼先生)に第二子(かいり)が誕生し1カ月間、我が家に身を寄せておりました。同時に涼先生の長男(みなと4才)と犬2匹(黒柴のあんこ・ダックスフンドのタルト)も一緒です。我が家にも犬2匹(ゆず・ラッキー)がいる中、なんと合計犬が4匹に!もう大変な生活でした。あっという間に時は過ぎ、自宅に戻っていきました。やっと静かな日常に戻ったわけです。私も愛犬もホッと一息です。
 コロナ禍はまだ完全に収束した訳ではありません。皆様どうぞお身体に気を付けてお過ごし下さい。

クラス
NEWS

オーガニック給食

今月の献立表

先生紹介

斉藤先生

 今年度たまご組の担任となりました、斉藤未来です。昨年度まで大学で保育学を学んでおり、新卒で入職致しました。
 私の特技は、バレエを10年程やっていたので、とても身体が柔らかい事です。身体を動かす事が好きだったので、高校時代はダンス部で踊ったり、千葉県の某野球場でチアダンスをしていたりする経験があります。音楽にも興味があり、ピアノを習ったり、吹奏楽部でクラリネットを演奏したりしていました。
 保育園では、子どもたちと一緒に思いっきり身体を動かして遊んだり、楽しく元気に歌ったりして、毎日過ごしていきたいです。又、日々の保育では子ども達一人ひとりの個性を大切にし、一緒に笑ったり喜んだり、気持ちを共有しながら、笑顔が溢れるクラスになるように努めていこうと思います。
 これから一年間、どうぞよろしくお願い致します。

貫井先生

 今年4月に入職しました、ひよこ組の担任をさせて頂く貫井花鈴と申します。幼い頃から保育士さんになりたいという気持ちが強く、短大の時にエイビイシイでボランティアをさせて頂いて、職員と子ども達の1日の姿を見た際に「私もここで働きたい!!」と強く思い今エイビイシイ保育園で1人の職員として働ける事がとても嬉しく思っています。また私は体を動かす事が大好きなので、子ども達と一緒に体を動かし、楽しさを伝えていきながら成長の著しいこの時期に必要な体力を養い、健康な体作りが出来たらと思っています。
 子どもたちが「また明日保育園に行きたい!」と思えるように早く子どもたちと信頼関係を築いていきたいと思います。
 至らない点もあるかと思いますが、保護者のみなさんのお力になれるよう、精一杯に保育をしていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

諏訪園先生

 皆さま初めまして。2020年2月から、エイビイシイ保育園の事務として勤務しております諏訪園(すわぞの)です。
 それまではリラクゼーションセラピストとして4年8ヶ月勤めておりました。まったく環境の違う中で、たくさんの先生方に助けて頂きながら、事務室の後ろから聞こえるにぎやかな子どもたちの声に支えられながら、エイビイシイ保育園の後方支援をさせて頂こうと奮闘している真っ只中です。
 出身は鹿児島県、新潟県で幼少期は育ち、中高と沖縄県で過ごし、大学入学を機に上京し、と南北様々な場所で過ごしたからか、元からか、食べる事が大好きな人間になりました。
 このエイビイシイ保育園のことを知った時も、”手作り給食を提供している“ことが”24時間保育“と同等の衝撃だったものです。また、これは園長先生の真っすぐな理念もひしひしと伝わる事柄であり、背筋が伸びる思いがします。
 園長先生の理念のもと、この保育園が続くように尽力したいと思います。よろしくお願いいたします。

7月予定表

日程 曜日 内容
1
2   身体測定 PM こぐま・りす
3
身体測定 PM うさぎ・きりん
4    
5    
6 七夕の会
身体測定 PM ひよこ
7

8
身体測定 PM たまご・あひる
9

10   健康診断 15:00~ ひよこ・こぐま・あひる・たまご
11

12

13  
14  
15  
16 避難訓練

17
 
18
 
19
 
20
 
21    
22    
23 海の日  
24 スポーツの日  
25    
26    
27    
28 誕生日会  
29    
30    
31   健康診断 15:00~ ひよこ・きりん・うさぎ・りす・たまご

★印がある場合は、保護者参加の行事です。
☆印がある場合は、保護者懇談会・保育参観週間(年2回)・引取り訓練です。

TOP