おまつりごっこ(あひる組)

 8月30日に、おまつりごっこを行いました。いつもとは違う保育室の飾り付けをみて不思議そうにする姿や、指を差して喜ぶ姿がありました。お祭りらしい音楽を流せば準備万端。子どもたちの、はやくはやく~と言わんばかりのわくわくとした表情と共に、あひる組のなつまつりがスタートしました。ボール投げやおさかなすくい、ボウリングにヨーヨーとり、おめん屋さんにメダル屋さん等、盛り沢山な内容を行いました。ボール遊びが大好きなあひる組の子どもたちは、おばけの口をめがけて、一生懸命ボールを投げる姿がありました。カラフルで可愛いおばけだったので誰一人と怖がる姿は無く、堂々と立ち向かう姿はとてもかっこよかったです。おさかなすくいでは、手作りのポイを器用に使い、上手にすくいあげることが出来ていました。お魚を捕まえたいという思いが強いあまり、手づかみで捕まえる子がいる程、夢中になって取り組んでいました。ボウリングでは、思うようにピンを倒すことが出来ない子もいましたが、「もういっかい!」と言って諦めずに挑戦する姿や、保育者と一緒に行う事で楽しさを味わえている様子が伺えました。あっという間の時間ではありましたが、子どもたちの笑顔と笑い声がたくさん溢れる素敵な時間となりました。
この夏の暑さを乗り越え、大きくたくましく成長したあひる組の子どもたち。少しずつ自我が強くなり、納得いかないことも増え、泣いてしまうような場面も見られますが、保育園が楽しい場所や楽しみな場所になるよう、今後も子どもたちがやってみたいと思える活動を用意していきたいと思います。

(保育士 山﨑)

★四・五歳花火鑑賞★

八月二十九日にうさぎ組・きりん組・風の子クラブの子ども達と戸山公園の子どもの広場で花火を行いました。登園して来るなり、「今日花火だよね!」「どんな花火やるのかな?」「早くやりたい!」と楽しみにしていた子どもたち。花火の時間が近づいてくると段々とソワソワしてきて、公園に着くと更に待ちきれない様子でした。きりん組は昨年のお泊まり遠足で花火を行った経験があったので、手持ち花火を持つのも慣れている様子でしたが、うさぎ組では初めて手持ち花火をする子もいたので、とても新鮮な光景でした。火が付くと「ちょっと怖いなぁ」と不安げな様子を見せる子や、カメラにポーズを決める程余裕のある子、真剣に見つめて花火が消えるまでじっと見つめる子等様々な反応でしたが、一人一本終えると、「もう一回やりたい!」と全員が声を揃えて言う程、楽しんでいました。手持ち花火の後は、全員で噴出花火を楽しみました。四ケ所に設置した花火が噴き上がっていく様子に迫力を感じて圧倒されている姿がとても印象的でした。最後はナイアガラの滝を表現した花火を見て、沢山の火の粉が降る様子に大拍手が起こっていました。
 今回、少ない時間ではありましたが、手持ち花火をしたり、噴出花火を大勢で一斉に鑑賞したりすることで、夏の風物詩に触れ、感動やその時の情景をみんなで共有したりすることができ、とても楽しい思い出を作ることができました。

 (保育士 木浦原)

立秋がすぎましたが、
残暑が続きます

園長 片野清美

 皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
 毎年この時期になりますと夏の疲れが出て大人も子どもも体調をくずしやすく大変です。保育園でも、コロナ禍もありつつ手足口病やヘルパンギーナ等流行し、お休みしている子どもが目立ちます。保護者の皆様も大変な思いをしているところです。ですが負けずに園では子どもたちの笑い声がたえません。
 8月12〜14日と夏休みをとらせて頂きました。主人が計画を立ててくれて、娘夫婦と孫2人・息子と計7人で久しぶりに箱根の温泉へと足を運びました。孫たちが一番楽しみにしていたのはユネッサンスの中にある屋内プール。私から見ると人だらけで泳ぐのではなく„浸かっている"よう……それでもみんな嬉しそうに楽しんでいました。プールのすべり台が一番人気でした。おいしい食事においしいお酒。久しぶりに仕事を離れましたが、こういうゆっくりした時間もよいものですね。いつもでしたら車で移動するところ、しかしこの旅は箱根までロマンスカーに乗って行きました。台風が近づいていたので全日雨で特に帰りは大雨、ロマンスカーが運休。代替で小田原駅まで緊急バスで移動し、新幹線に乗って東京駅まで行き、無事に自宅に着きました。6才の孫がびっくりしていたのは、新幹線が駅を通過するときのスピードと音。目を見張るくらい真剣なまなざしで見とれていました。とても楽しい旅でした。今回、愛犬たちはお留守番。帰宅して一番に頭をなでてあげました。
 9月10日は4・5才児と一緒に三芳村へ久しぶりに稲刈り遠足に行きます。私も参加します。三芳村の方々が楽しみに待っていて下さるとのこと、うれしい限りです。

クラス
NEWS

オーガニック給食

今月の献立表

先生紹介

木浦原先生

今年度うさぎ組の担任をしています、木浦原えりです。0・1歳児クラスの2年間担任をしていたこのクラスを再び受け持つ事になり、とても嬉しく感じています。好奇心旺盛で、色んな事に興味を持って真剣に取り組む子どもたちの姿が頼もしいです。子どもたちが興味を持った事を更に広げて、深く知ることのできる機会を作ったり、やってみたい!と思ったことを沢山経験したりできるような保育を心掛け、子どもたちと一緒に成長していけるように過ごしていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

村井先生

今年度うさぎ組の担任になりました村井春香です。昨年度まで3年間風の子クラブにおり4歳児クラスの担任は初めてです。毎日新しい気付きがあり、楽しい日々を過ごしています!私が子どもたちと同じ4歳だった時は、とにかく砂場遊びが大好きで毎日泥だらけになり、母が迎えに行くと必ず朝と違う服を着ていたそうです。今でも汚れるのを気にしないくらい思いきり遊ぶのは大好きなので、子どもたちとたくさん遊んで思い出を作っていきたいです!保育士になり6年目になりますが初心を忘れず、子どもたちのように多くのことを吸収し続けていきたいと思っております。よろしくお願い致します。

吉松先生

今年度うさぎ組の担任をさせて頂いております吉松亜希子です。大阪生まれ、福岡育ち、エイビイシイ保育園の前は、幼稚園教諭を8年していました。昨年に引き続き、担任を持つことができ、毎日一緒に過ごせることをうれしく思っています。穏やかで素直なこのクラスの子どもたち。美しいものを見て美しいと感じ、喜ぶ心、動植物を愛しむ姿はとてもすばらしく、この子たちの素敵なところです。このきれいな心をいつまでも持ち続けて大切にしていってほしいなと感じています。
 ミルクを飲んだり、ハイハイしていた頃が、つい昨日のことのように感じられますが、最近はお友達との喧嘩も増えてきました。これも成長のひとつ。子どもの成長は待っていません。一瞬一瞬を大切に保育していきたいと思います。

9月予定表

日程 曜日 内容
1 ☆引取り訓練  
2    
3    
4    
5
身体測定(ひよこ)
6
身体測定(うさぎ・きりん)
7   身体測定(たまご・あひる)
8
身体測定(こぐま・りす)
9
 
10 稲刈り遠足  
11  
12  
13  
14
 
15 避難訓練
 
16
 
17
 
18    
19 敬老の日  
20    
21    
22    
23 秋分の日  
24    
25    
26    
27 誕生日会  
28   健康診断(ひよこ・たまご )
29    
30    

★印がある場合は、保護者参加の行事です。
☆印がある場合は、保護者懇談会・保育参観週間(年2回)・引取り訓練です。

TOP