ふくろう組

自分で挑戦中!

今月は3歳児ふくろう組の生活の様子を紹介したいと思います。4月から幼児クラスの仲間入りをした子ども達。お風呂の時間になり保育者の声掛けが聞こえると、自分のロッカーからリュクを背負いカゴから自分のパジャマ袋を持ち移動を始めます。こぐま組の受け入れスペースにリュックを置き、洋服を脱ぎ始めます。こぐま組の時は先生に手伝ってもらっていた時もありますが、今は自分から脱いでしまう所まで挑戦しています。今まで身体を洗い、湯船に入る時は保育者が入れていましたが、最近では自分で入る姿も見られるようになりました。お風呂後は着替えた後はドライヤーとお茶を飲みます。
 遊びの時間では、幼児組合同で遊びます。お兄さんお姉さんが作った作品を、真似して作ったり刺激を受けながら仲良く遊んでいます。クールダウンの時間では絵本の読み聞かせを見てから、並んで地下の部屋に移動し、お布団に入ってから子ども達が安心して眠れるように、保育者がトントンしてお迎えを待ちます。オルゴールが流れる保育室で、スキンシップをとりながら子ども達がリラックスして休めるようにゆっくり関わっています。  
(保育士 加倉井)

他のクラスNEWS

TOP